バックパック徒歩キャンパーの冬装備

徒歩キャンプを始めて約4年が経ち、試行錯誤の末、やっと安定した冬装備が整いました。関西の冬、最低気温マイナス3度程度に対応した装備です。

服装

ユニクロ ULTRA LIGHT DOWN

春・秋・冬のアウターは、古くなった市販のM51風コート(カーキ)が制服。春・秋はM51だけですが、冬になるとインナーにユニクロのヒートテック、さらにウルトラライトダウン(実測267g)を追加。これだけで防寒としては十分なのですが、焚き火の火の粉対策でM51を上に着ています。

パンツの制服は GRIP SWANY の DENIM CAMP PANTS GPS-70(LIGHTINDIGO)。XLを買ったのですが、ウエストが緩すぎて折り返して締めています(汗)次はLサイズにしよう…

寒い季節の日中は、GPS-70 の下にユニクロのヒートテックタイツを着用。夜になると、さらに Naturehike ダウンパンツ(実測257g)を GPS-70 の下に追加して穿きます。二重穿きするのは、こちらも火の粉対策。ただ、動きはかなり鈍くなります。

冬の防寒で大事なのが就寝時の足元。AEGISMAX ホワイトダウン ルームシューズ(実測70g)を着用しています。

就寝時は GPS-70 を脱ぐので、こんな感じになります。昆虫みたいですが ww

チェアカバー

無印 アイロンマット 1,290円

体が硬いのでチェアは必須アイテム。冬になると、お尻が冷えるのでチェアカバーが必要です。ネットの情報を調べて行き着いたのが、無印良品のアイロンマット。断熱機能で地面の冷気を遮断してくれます。折り畳むとA4サイズになりコンパクトで、重量実測は118gと軽いです。お値段は1,290円(2023年時点)。

Helinox グランドチェアに合わせると、こんな感じ。1シーズン使いましたが、十分断熱の役目を果たしてくれました。副次効果として、チェアーを火の粉から守ってくれます。冬だけでなくオールシーズン使うことになりそうです。また、寝る時はマットの下に敷いて断熱効果を高めています。

ヘリノックス(Helinox) チェア グラウンドチェア CTN 1822229

ヘリノックス(Helinox) チェア グラウンドチェア CTN 1822229

13,082円(07/25 05:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

テント

BUNDOK ソロドーム1の防寒対策は次の記事をご覧ください。

インナーシート

【京都府】笠置キャンプ場/2023年正月明けバックパックキャンプ〜寒さ対策の主役〜
タイベックス・シルバー重量

テント内に敷くインナーシートにはタイベックを使っています。タイベックは高密度ポリエチレン不織布で、透湿・防水・遮熱の特性があります。サイズは 200 x 100cmで、幅200cmのソロドーム1にピッタリ。重量も121gと軽量で、生地も柔らかいのでコンパクトに折りたためます。

実は、ソロドーム1の防寒対策としてタイベックを購入したのですが、使わなくなったので流用したのでした。詳細は次の記事をご覧ください。

キャンプマット

Mozambique キャンプマット アルミ加工 車中泊 20mm 軽量

Mozambique キャンプマット アルミ加工 車中泊 20mm 軽量

4,580円(07/25 10:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

マットはMozambique(モザンビーク) キャンプマットを使っています。断熱性を表すR値は2.0で春・秋レベル。重さ500g、サイズは長さ183 x 幅56 x 厚み2 cm。横に体がでかいので幅56cmが有難いです。ソロドーム1にもピッタリのサイズです。

暑い季節は銀面を下にして、地面からの熱を遮断して涼しくできるのでオールシーズン使っています。

シュラフ

【京都府】笠置キャンプ場/2023年正月明けバックパックキャンプ〜寒さ対策の主役〜
SEATOSUMMIT エンバー EbⅡ レギュラー

シュラフは「SEATOSUMMIT エンバー EbⅡ レギュラー」。慣れるのに少し時間がかかりますが、軽量(600g)&コンパクトで性能抜群のダウンシュラフです。ただ、38,940円とそれなりのお値段(登山とキャンプ用品のさかいや@楽天、2021年9月時点)

SEATOSUMMIT(シーツ―サミット)エンバー EbⅡ レギュラー

SEATOSUMMIT(シーツ―サミット)エンバー EbⅡ レギュラー

74,993円(07/25 09:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

詳細は次の記事もご覧ください。

暖房器具

【京都府】笠置キャンプ場/2023年冬のバックパック徒歩キャンプ納め

焚き火とカイロ3個、以上です(キリッ)。

まとめ

バックパックを背負って徒歩キャンプするので、軽量&コンパクトになるダウンを使った装備が多くなりました。ダウンを使った製品は値段が高いのですが、思い切って買って良かったと思います。