Moon LenceアウトドアチェアをHelinoxグラウンドチェアにして軽量化

ULキャンプ道具の第六弾はチェアです。Moon Lence アウトドアチェア 2Way(以下 Moon Lence )を Helinox アウトドア グラウンドチェア(以下 Helinox) にリプレースして実測で約300g 軽量化しました。

ULキャンプ道具

バックパックキャンプを目指してULキャンプ道具に装備を変更していきます。軽量&コンパクト、そしてミリタリー、コスパがキーワードです。

新旧比較

(横スクロール)

品名(出典:リンク先)Moon Lence アウトドアチェア 2WayHelinox アウトドア グラウンドチェア #1822229UL後の差分
価格3,999円
(2020年10月時点@amazon)
11,316円
(2023年10月時点@amazon)
+7,317円
重量1kg(本体)615g(640g [スタッフバッグ込み])-385g
重量実測967g(足なし、収納袋含む)664g(スタッフバッグ込み)-303g
使用時サイズ(奥行き×幅×高さ)43 x 50 x 49 cm(足なし、高さ実測)50 × 52 × 49 cm
収納サイズ(幅×奥行き×高さ)35 x 13 x 11 cm
5,005 立方cm
30 × 11 × 11 cm
3,630 立方cm

-1,375 立方cm
座面高19cm(足なし、実測)22cm+3cm
耐荷重150kg120kg(静荷重)-30kg ?
フレーム‎A7075ジュラルミンオリジナル合金製ポール「TH72M」
座面生地900Dオックスフォード(不明)
ブルーコヨーテタン(CTN)
ヘリノックス(Helinox) チェア グラウンドチェア CTN 1822229

ヘリノックス(Helinox) チェア グラウンドチェア CTN 1822229

11,000円(03/02 08:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

製品サイズ比較

Moon Lence は足を外した状態での比較です。

【正面】左:Moon Lence、右:Helinox

Moon Lence の高さは本来 67cmですが、足なしの実測が 49cm で Helinox と同じ高さ。写真では Moon Lence の方が数cm高く見えます… Helinox を実測すると約49cm 弱だったので、Moon Lence のポールの差し込みが緩かったかもしれません…

幅は Moon Lence 50cm、Helinox 52cmなので、Moon Lence の方がシュッとして見えます。

【背面】左:Moon Lence、右:Helinox

背面から見ても Moon Lence が少し高く見えます… 水平な地面で比較すべきでした m(_ _)m

【座面高】左:Moon Lence、右:Helinox

足なし Moon Lence の座面高の実測が約19cm、Helinox が 22cm。Helinox が約2cm 高いです。

【側面】手前:Helinox、奥:Moon Lence
【側面】手前:Moon Lence、奥:Helinox

奥行きは Helinox 50cm、Moon Lence 43cm。Helinox が 7cm 長く、どっしり感があります。

Moon Lence は評価の高いサイドポケットが見えます。Helinox は底部ポールのアーチが特徴的です。耐性に関係あるかもしれません。

【底面】左:Moon Lence、右:Helinox

ひっくり返してみました。底ポールの四角形の面積は少しだけ Helinox が大きいように見えます。

Moon Lence は足を取り外しているので、本来ポールが差し込まれる穴が見えます。撤収時に穴に入り込んだ土を取るのが少しだけ手間。一方 Helinox はグラウンドチェアなので底面に「足」が付いています。

【真上】右:Helinox、左:Moon Lence

幅の差は 2cm ですが、真上から見ると Helinox の方がもっと幅広く感じます。

収納サイズ比較

【高さ】上:Moon Lence、下:Helinox

収納時の高さは、どちらも 11cm。Helinox の方が若干シュッとしている気がします。

【幅×奥行き】左:Moon Lence、右:Helinox

幅と奥行き仕様は、Moon Lence 35 x 13cm、Helinox 35 x 11cm。収納の仕方によると思いますが(汗)、Helinox の方が少し小さく見えます。

収納重量実測

Moon Lence(足なし、収納袋含む)967g
Helinox 664g

収納状態で重量は Helinox が約303g 軽い 🙂 ULキャンプ道具の実力発揮。

Moon Lence アウトドアチェア 2Way

Moon Lence with ツーリングドームST

初代テント:ツーリングドームSTに Moon Lence の組み合わせを長く使ってきました。高さもちょうどよく、サイドポケットも便利 🙂 スマホをサイドポケットに入れたままテントを離れてしまい、慌てて取りに戻ることがよくあります(汗)

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム ST 1~2人用

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム ST 1~2人用

12,272円(03/02 08:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
Moon Lence with ソロドーム1

2代目:ソロドーム1は入り口の高さが少し低くなったせいか、頭がかするようになりました。ただ、問題あるレベルではありません。

使い始めて7ヶ月でポール留め具が破損したり、4ヶ月で座面シートが破れたりしましたが、いずれも保証で無償修理できました。

壊れた部品はストックして、ランタンスタンドに転用したり、チェアの交換部品に使ったりしています。

値段が Helinox の4分の1なので、それなりの品質だと思います。その意味で、コストパフォーマンスの高いチェアだと感じています。

今でもデイキャンプでは現役で活躍中です 🙂 重さを気にしない自転車移動なら、気軽に使える Moon Lence に軍配が上がります。

Helinox アウトドア グラウンドチェア

Moon Lence with ソロドーム1

amazon で安くなっていたので、サンタさんを叩き起こして Helinox グランドチェアをゲット。座面高が Moon Lence よりも少し高いので、こちらもソロドーム1の入り口の天井に頭がかすります。それでも問題のあるレベルではありません。

使い始めたばかりですが、軽いのはもちろん、Moon Lence と比較してコンパクトなのも嬉しい。チェアはサイバトロンのサイドバックに入れていますが、収納に余裕ができたので他の道具も収納できます 🙂

実は焚き火で穴が空くことを心配して、高価な Helinox の購入には二の足を踏んでいました。Moon Lence は焚き火にダイブしたことがあります…

ある時、帆布で補修したツギハギだらけの Helinox を使用しているキャンプ系 You Tuber RINO CAMP さんの動画を見ました。焚き火の火の粉で穴が空くと自分で修理して使っているとのこと。

このエピソードを聞いて、やっと購入する決心がつきました。

まとめ

バックパックキャンプのマストアイテムだった念願の Helinox グランドチェア。約300gの軽量化とコンパクト化を実現できました。

長く大事に使っていきたいと思います。