ULキャンプ道具:アルミロールテーブルからフィールドホッパーへ

ULキャンプ道具の第一弾はテーブルです。CAPTAIN STAG アルミロールテーブルを SOTO フィールドホッパーにリプレースしてUL化を実現。

ULキャンプ道具

バックパックキャンプを目指してULキャンプ道具に装備を変更していきます。軽量&コンパクト、そしてミリタリー、コスパがキーワードです。

ULテーブル選定

ULテーブルの候補は、フィールドホッパー、トレッキングパッド、マジックテーブルの3つ。UL目線で比較表にまとめてみました。

品名(出典:リンク先)SOTO フィールドホッパー ST−630VERNE ベルン トレッキングパッド チタニウムグレーBELKROOT マジックテーブル
価格5,490円(amazon、2022年7月時点)6,100円 (amazon, 2022年8月時点)14,850円(amazon、2022年8月時点)
重量395g(本体のみ)230g245g(天板2枚)
317g(天板3枚)
製品サイズ幅297×奥行210×高さ78mm
テーブル面積:62,370平方mm
幅314×奥行212cm×高さ85mm
テーブル面積:66,568平方mm
幅300×奥行200×高さ90mm(天板2枚)
テーブル面積:60,000平方mm(天板2枚)

幅300×奥行300×高さ90mm(天板3枚)
テーブル面積:90,000平方mm(天板3枚)
収納サイズ幅297×奥行110×高さ19mm
体積:620,730立方mm
幅314×奥行108cm×高さ11mm
体積:373,032立方mm
幅300×奥行100×高さ20mm
体積:600,000立方mm
材質(品質)天板:アルミニウム、スタンド:ステンレスアルミニウム合金(アルマイト加工)アルミ(加工 サンドブラスト アルマイト)
耐荷重3kg

3つの製品に共通するのは、基本の材質はアルミニウム、重量は400g以下、収納サイズは約620,000立方mm以下。

フィールドホッパーはお馴染みSOTOの製品。実績は申し分なく安心感があります。ただ、昔からある製品のためか、他のテーブルと比較すると重量も収納サイズも比較的劣ります。価格は最安でコスパは良いと思います。

トレッキングパッドは今注目されているコスパの高いテーブル。個人的に韓国製のキャンプ道具は珍しい気がします。重量230gと一番軽く、収納サイズも一番小さいです。価格も手が届く範囲。チタニウムグレーはミリタリーっぽくてカッコいい 🙂

マジックテーブルは、キャンプ系You Tuberの間で流行っている BELKROOT(ベルクロート)の製品。トリックテーブルen.焚火台が有名ですね。天板の枚数でテーブル面積や重量を変えたりすることができます。天板3枚だと一番広いですね。ただ、価格が男前の14,850円(*_*) 少し小さいトリックテーブルでも11,000円(*_*) スマートなデザインも Good ですが、価格がネック…

マジックテーブルは価格面で断念。途中までトレッキングパッドが最有力だったんのですが、amazonの製品評価に気にかかるコメントがいくつかありました。対抗のフィールドホッパーの評価を見ると気になるコメントはなく、実績も豊富であることから憧れのフィールドホッパーに決定 🙂

新旧テーブル仕様比較

品名(出典:リンク先)CAPTAIN STAG M3713 アルミロールテーブルSOTO フィールドホッパー ST−630UL後の差分
価格1,568円 (amazon, 2020年8月時点)5,490円(amazon、2022年7月時点)+3,922円
重量700g395g(本体のみ)-305g
製品サイズ幅400×奥行290×高さ120mm
テーブル面積:116,000平方mm
幅297×奥行210×高さ78mm
テーブル面積:62,370平方mm
テーブル面積:-53,630平方mm
収納サイズ幅400×奥行70×高さ60mm
体積:1,680,000立方mm
幅297×奥行110×高さ19mm
体積:620,730立方mm
体積:-1,059,270立方mm
材質(品質)甲板:アルミニウム(表面加工:アルマイト)、脚部:鉄(エポキシ樹脂塗装)天板:アルミニウム、スタンド:ステンレス
耐荷重30kg3kg-27kg

初代のアルミロールテーブルとフィールドホッパーを比較してみます。

重量は約300g、収納サイズもかなり小さくなりました。ただ、費用は約4,000円の増額、テーブル面積は約半分、耐荷重は-27kgとスペックダウンしています。

ULキャンプ道具:テーブル編/アルミロールテーブル
広〜いアルミロールテーブル

改めて比較してみるとアルミロールテーブルのコスパの良さを感じています。アルミロールテーブルが CAPTAIN STAG の名品の一つと呼ばれる理由がわかりますね。出場機会は減ると思いますが、今後もできるだけ使っていきたいと思います 🙂

ULキャンプ道具:テーブル編/フィールドホッパー
キリリとしたフィールドホッパー

一方これからの主役になるフィールドホッパー。テーブル面積は狭くなりましたがソロキャンプには十分な広さ。軽くて収納サイズも小さくバックパックに楽に収まります 🙂

ただ、アルミロールテーブルはカートや自転車荷台に積んで運搬していたので、少しだけバックパックが重くなります 😉

新旧重量実測

標準の収納袋込みで重量を実測してみました。

ULキャンプ道具:テーブル編/アルミロールテーブル重量
アルミロールテーブル

アルミロールテーブルは約748g。約48gが収納袋(後述の100均バンド込み)の重さですね。収納袋自体は丈夫ですが、紐を通す縫製が一度解けて縫い直しています。

ULキャンプ道具:テーブル編/フィールドホッパー重量
フィールドホッパー

フィールドホッパーは約407g。約12gが袋の重さですね。

新旧製品サイズ比較

ULキャンプ道具:テーブル編/サイズ比較

テーブル面積はご覧の通り。テーブル面を向かい合わせて、アルミロールテーブルの上にフィールホッパーを乗せています。比べるとフィールドホッパーがかなり狭く見えますね。逆にアルミロールテーブルの広さを実感。

ULキャンプ道具:テーブル編/高さ比較

高さはこんな感じ。アルミロールテーブルの下にフィールドホッパーが収まります 😉

新旧収納サイズ比較

ULキャンプ道具:テーブル編/収納サイズ比較
上:アルミロールテーブル、下:フィールドホッパー

裸の収納サイズは圧倒的にフィールドホッパーに軍配。実際に手に持つとそのコンパクトさに感動 🙂 アルミロールテーブルは確か標準のバンドがなくなったので100均のバンドで代替しています。

おまけ:アルミロールテーブルのお手入れ

ULキャンプ道具:テーブル編/アルミロールテーブル掃除

約2年間お世話になってきたアルミロールテーブル。かなり汚れていたので、これを機会に100均のメラミンスポンジで洗ってみました(汗)

ULキャンプ道具:テーブル編/アルミロールテーブル掃除

「めっちゃ、きれいになるやん(驚)」

道具の手入れは大事ですね(汗)キャンプに行けない時には手入れしよっと 😉

まとめ

ULキャンプ道具第一弾のテーブルは、フィールドホッパーにより約300gの軽量化が実現しました。ただ、いきなり傷つけてしまった(泣)ので、今後は長く使えるように注意して大事にします。