【大阪府】花博記念公園・鶴見緑地キャンプ場/2021年秋・黄葉ソロ自転車キャンプ

コロナの影響で火が使えるデイキャンプ場が軒並み閉鎖となり、ある意味仕方なくお泊まりキャンプすることになりました。初のお泊まりキャンプをしたのが鶴見緑地キャンプ場。2021年の夏でした。ただ途中で一度帰宅したため半お泊まりキャンプ (^_^; 初の完全お泊まりキャンプは笠置キャンプ場です。それ以来何度も足を運んでいますが、今回は2021年最後に訪れた秋キャンプの様子を綴ります。

アクセス

鶴見緑地は大阪市の北東に位置する緑地公園です。キャンプ場は公園の西の端にあります。電車だと地下鉄・長堀鶴見緑地線の鶴見緑地駅で下車して、公園内を散策しながらアクセスするとええ感じかと 🙂

今回はチャリキャンプです。自転車だと荷物をある程度積めるし買出しも楽ちんです 🙂 自転車はキャンプ場内には持ち込めず場外に駐輪する必要があります。

予約

鶴見緑地キャンプ場はネット予約が可能です。1ヶ月前同日の12:00から予約可能になりますが、いい場所は1分未満で予約が埋まります X-) これを逃すと、継続ウオッチしてキャンセルで空きが出るのを待つしかありません。まあまあキャンセルあります。当日はネット予約できませんが、バーベキュー場・キャンプ場管理事務所に電話して空きがあれば利用可能です。

ただ、予約だけして来られない方も半分ぐらいいるので、1コインでいいので有料にした方がいい気がしています…

今回はナイトタイム(17:30-翌日9:30)をネット予約し18時頃にキャンプイン。

テント設営

鶴見緑地キャンプ場は10サイトあり、サイト1〜5は人目が気になる公園内道路側、6〜10は樹木側です。基本は4.5m×3mの小さいサイトですが、サイト5・6は4.5m×6mの大きなスペースがあります。個人的な一番人気は樹木側で一番広いサイト6、次にサイト5、そして7〜10、1〜4の順番です。10はトイレの横ですがハンモックにうってつけの木が魅力です。

2021年秋お泊まりソロ自転車キャンプ@花博記念公園・鶴見緑地キャンプ場/サイト5
サイト5

今回は道路側ですが一番広いサイト5が予約できました。柵の向こう側がすぐに通路なので少し人目が気になります (^_^;

10サイトしかない小さいキャンプ場なのでトイレ、炊事場、炭捨て場が目の前にあって便利です 🙂 ナイトタイムのゴミは持ち帰りですが、デイタイム(10:30-17:00)は有料でゴミ回収があります。また、樹木側のすぐ向こうは自動車道路なので夜でもまあまあうるさいです (^_^; 街中なので夜通し明るく怖くなることはありません。

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム ST 1~2人用

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム ST 1~2人用

12,824円(06/16 07:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

晩飯

2021年秋お泊まりソロ自転車キャンプ@花博記念公園・鶴見緑地キャンプ場/晩飯

お待ちかねの晩飯は豚バラと白菜のミルフィーユ鍋とハート(焼き鳥)、そして最近お気に入りのジャガリコ 🙂 スーパーで販売されている一人用鍋シリーズの種類が豊富でよく購入しています。

気温14度、湿度49%と心地よい秋の夜長でした 🙂

お泊まりできた夜の思い出

実は、デイキャンプばかりしてお泊まりキャンプをしなかったのは私のイビキがうるさいことが原因でした。

2021年夏に鶴見緑地で初の半お泊まりキャンプをした時も、当初は途中で撤収するつもりでした。しかし、先に床に就いたおっちゃん達の潔いイビキの音に安心してお泊まりを決行したのでした 😉

キャンプは隣の人の声やイビキ、テントを開け閉めするチャックの音などよく聞こえます。ただ、これらの音を気にする人は、そもそもキャンプに来〜へんやろうなあと。もちろん、爆音の音楽や夜遅くまで騒ぐなどのマナー違反は控えるべきかとは思いますが…

黄葉

2021年秋お泊まりソロ自転車キャンプ@花博記念公園・鶴見緑地キャンプ場/黄葉

朝起きると見事な「黄葉」 🙂 時間があれば鶴見緑地公園内を散策するのもオススメです。

右下の緑と黒のコールマンSTが設置されているのがサイト5、真ん中の球体の屋根は炊事棟です。向かって左側がサイト6〜10がある樹木側、右側がサイト1〜5の通路側です。

熱気球

撤収を始めると「ゴーッ、ゴーッ」とガスバーナーの音がします。鶴見緑地キャンプ場はガス禁止ですが、誰か知らずに使ってるんかなと… でも、それらしき人は見当たらない…

撤収完了してキャンプ場を後にすると謎が解けました。

2021年秋お泊まりソロ自転車キャンプ@花博記念公園・鶴見緑地キャンプ場/熱気球

公園内で開催されていた熱気球イベントのガスバーナーの音が少し離れたキャンプ場まで聞こえていたのでした (*_*)

「でけ〜」

「乗りて〜」

当日でも乗れたのですが、一人3,300円とのことで財布の事情により夢は諦めました (^_^;

まとめ

鶴見緑地キャンプ場は街中にあるネット予約可能な無料キャンプ場です。ただ、予約が難しく、12月〜2月の冬季は休業、ガスや薪、タープもNG規制が多いのが残念な点です。

場所鶴見緑地キャンプ場
移動手段自転車
日程1泊2日
費用2,200円

費用明細

食費1,500円夕食、朝食
キャンプ場0円無料 🙂
700円 持ち込み
旅費0円自転車
合計2,200円