ツーリングドームST フロントポール ショックコード交換

Coleman ツーリングドーム ST フロントポールのショックコードが切れてしまいました。ショックコードは、ポールを繋いでいるゴム紐のことです。

他のポールのショックコードも切れそうだったので、コスパを考慮して純正の「コールマン ポールリペアショックコード30m 170TA0055」 をamazonで購入(\1,817、2021年5月時点)。

ショックコード裏面の手順に従い交換しました。使った道具は、メジャー、ハサミ、養生テープです。

古いショックコードの引き抜き

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/部品一覧

まず、破損した古いショックコードを引き抜きます。フロントポールを並べてみると、長いまっすぐなポールが左右3本ずつ、次に天井ポールを繋ぐための先が曲がった長いポールが左右1本ずつ、短い天井ポールが2本の構成です。ショックコードを引き抜く時、このポールの接続順を忘れずにメモしておいてください。メモせずに引き抜いてしまい、元の順番を調べるのにかなり苦労しました (^_^;

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/新旧ショックコード

左が新しいショックコード、右が古いショックコードです。新しいショックコードは直径2.7mmで、古いものより少し太いです。

ショックコード切り出し

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/ショックコード切り出し

新しいショックコードを切り出します。約42cmの長いポールが8本、約34cmの短いポールが2本なので、全長は404cm。15cm〜20cm程度短く切り出す手順だったので、後で調整できるように約15cm短く390cmで切り出しました。結果的には少し緩めになりましたが、特に支障のない範囲です。

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/ショックコード切り出し

ショックコード通し

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/ショックコード通し

切り出したショックコードの一方の端を「8の字結び」にして大きなコブを作ります。

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/ショックコード通し

他方の端をポールの順番通り通します。購入したショックコードが少し太かったせいか、ポールを通していくとショックコードの先がほどけてしまいポールの穴を通らなくなります。

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/ショックコード通し
ほどけたショックコード先端その1
Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/ショックコード通し
ほどけたショックコード先端その2

端がほどけた場合は、ハサミで先端を切り飛ばして整えてください。また、ショックコードを回転させながら通すのがコツです。特に先の曲がった長いポールは曲がっている部分を通す時に最初苦労しましたが、先端を整えて回転して通すと気持ちよく貫通しました 🙂

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/ショックコード通し
先端を整えたショックコード

ショックコード結び

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/ショックコード結び

最後のポールに通す前に、ショックコードを少し伸ばした状態にして養生テープで固定します。

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/ショックコード結び

最後のポールに通したら、最初の「8の字結び」でコブを作って結びます。散乱しているゴミは、先端を切り飛ばしたショックコードの残骸です。

完成

Coleman ツーリングドーム ST フロントポール ショックコード交換/完成

フロントポールが復活しました 🙂 初めての経験で苦労しましたが、 かなり満足 🙂